遺産相続と言うのは推定相続人又は法定相続人がいて成立する物ですが、中には身内も知り合いもいなくて相続する人はいないが財産が有ると言う人もいます。

 
その様な相続人がいない人は本人の意思としては養護や児童等の特別施設や団体に寄付をすると言う意思表示も有れば、財産を残さないように使い切る人もいます。あと最近では定年後に家を購入して、支払いは本人が死亡した後に下りる死亡保険金や残った財産を充てる方法で老後を楽しんでいる高齢者も少しずつですが増えて来ました。

 
しかしどうしても財産が残ってしまう人は、前述の通りの各種施設や団体に寄付をする遺言状を遺すか遺言状が無い場合は管財人が遠戚等本人に関わる人がいるかどうか調査して、もしいれば相続する意思が有るかどうか確認します。

 
もし該当者が見つからない場合は、裁判所の承認を得てその遺産は国庫に入ります。相続させる相手が全くいない人も少ないですが高齢者社会が進んでいくとその様な独居老人も増えて来ると思われますので、現在は遺言状を作成しないで済む様に財産を使い切る様な人生設計を立てる人も増えてきそうです。

 

そうすると段々遺言状を遺す人も減っていくのは間違い無いでしょう。