相続と言うのは、財産などを継承する事を意味しています。

 

また、相続をする人を相続人と言いますが、これは法律上相続権を持つ人の事を意味しています。 誰が相続人になるのかは、法律で定められているわけですが、一般的には子供や兄弟姉妹、父母などが相続人になります。 要は、血のつながりがある人が相続人になるわけです。

 

因みに、亡くなった人の事を被相続人と呼びます。 血のつながりのある人が相続人になりますが、夫婦の場合は、夫が亡くなった場合は、妻が相続人になりますので、必ずしも血のつながった相手が相続人になるわけではありません。

 

夫婦間に子供が居れば、子供が相続人になりますが、夫婦間に子供がいない場合はどうなるのでしょうか。

 

この場合は、配偶者、祖母、兄弟や姉妹などが相続人になります。 配偶者の場合は、被相続人が亡くなった時点で法律上の婚姻関係が在ることが条件となります。 内縁関係では相続の権利が無いからなのです。

 

因みに、子供は実の子供は勿論の事、養子でも同じように相続権を持つ事が出来ますが、養子の場合は生みの親と育ての親、2つの相続権を持つと言う特徴があります。

 

尚、一人も相続人が居ない場合は、家庭裁判所がその遺産を預かると言います。