» 未分類のブログ記事

民法では法定相続人が定められており、配偶者は常に相続人になります。配偶者とは現在婚姻関係にある者を言うため、再婚した場合は、前妻は相続人になりません。子供は第一相続人になるため、配偶者とともに、配偶者がいない場合は単独で相続人となります。この子供においては先妻との子供でも、現在の妻との子供でも権利は平等になっています。

 

このため子供の相続分は、先妻との子供と現在の妻との子供の合計の人数で割ることになります。配偶者との関係は離婚を行うことで、切ることが出来ますが、子供との関係はいかなる場合であれ切ることはできません。このため、前妻との子供に財産を渡したくないため、遺言書を作成して、財産を渡さないと遺言したとしても、民法で遺留分があるため、一円も渡さないといったことは出来ません。

 

このため、離婚により違う母親の子供が何人かいる場合、もしくは違う父親の子供が何人かいる場合は、相続でトラブルになることが珍しくありません。ただ、この相続は法律で定められた権利であるため、この権利を強制的に排除させることは、何らかの欠格事由、例えば相続人が財産目当てに被相続人を殺害したような場合でなければ出来ないことになっています。

nakuko

 

 

 

 

両親などの被相続人が亡くなった場合、子供などが相続人として財産を引き継ぐこととなりますが、仮に子供など以外の人に持参を相続したいと思っているときは遺言書の作成が必要になってきます。相続というのは相続人、つまり親族のみが継承することのできるものです。

 

ですから、いくら長年暮らしていたとしても内縁の妻というのは法定相続人ではありませんので相続の権利は全くありません。せいぜい寄与分としていくらか貰うだけになります。きちんと相続として財産を残すためには生前に遺言書にその名前や金額などを記載しておく必要があります。

 

相続というのは被相続人の意思が尊重されるものですので、遺言書があればそれに従うことになってきます。なお、内縁の妻は正式な妻ではないので、相続税の配偶者特別控除を受けることはできません。また、三親等のものまでしか法定相続人にはなりえませんので、薄い血縁関係では相続人にはなりませんし、そのほかの個人や団体などへ財産を渡す場合においても遺言書が必要になってきます。

 

できれば遺言書は公正証書役場において公正証書遺言としておいた方が遺言書の存在について揉める事は無くなります。ちなみに、三親等内の血縁関係者もおらず、遺言書も無い場合は国庫へ収められることとなります。

 

 

 

 

 

家族に先立たれてしまい自身が死亡したとしても自身が所有している遺産を受け継ぐ人間が誰も無い、このような事例はいくらでも存在しており後期高齢化社会が益々深刻化していくであろう日本の場合さらにこのような話が増えていくことが予想されます。

 
遺産を受け継ぐ方が全くいないといった方が死亡した場合、その方が所有していた資産は最終的に国庫に帰属しする、つまり国のものになってしまいます。
このような事態を避けるために相続人が全くいない場合であっても遺言書などを残しておき、自身の資産をどのような形で残すかの意思を明確に示しておくことが大切になると言えます。

 
家族や親族などが誰もいなかったとしても、遺言さえ残せば特定の方に確実に財産を遺すことが可能です。
遺産の全てを特定の個人に残すことも出来れば、相続税が掛からないように金額や物品など資産を区切って残すことも可能なので自身の意思を完全に反映させられると言えるでしょう。

 
遺言書は自身が亡くなった場合に備えて弁護士や司法書士などに預かってもらっておくことをお勧めします、家族が誰もいない方の場合家の中に遺言を残していたとしても発見してもらえない可能性があるため、死後確実に遺言書を開封してもらえる弁護士や司法書士などを頼ることを検討してみてください。

 

 

 

 

相続と言うのは、財産などを継承する事を意味しています。

 

また、相続をする人を相続人と言いますが、これは法律上相続権を持つ人の事を意味しています。 誰が相続人になるのかは、法律で定められているわけですが、一般的には子供や兄弟姉妹、父母などが相続人になります。 要は、血のつながりがある人が相続人になるわけです。

 

因みに、亡くなった人の事を被相続人と呼びます。 血のつながりのある人が相続人になりますが、夫婦の場合は、夫が亡くなった場合は、妻が相続人になりますので、必ずしも血のつながった相手が相続人になるわけではありません。

 

夫婦間に子供が居れば、子供が相続人になりますが、夫婦間に子供がいない場合はどうなるのでしょうか。

 

この場合は、配偶者、祖母、兄弟や姉妹などが相続人になります。 配偶者の場合は、被相続人が亡くなった時点で法律上の婚姻関係が在ることが条件となります。 内縁関係では相続の権利が無いからなのです。

 

因みに、子供は実の子供は勿論の事、養子でも同じように相続権を持つ事が出来ますが、養子の場合は生みの親と育ての親、2つの相続権を持つと言う特徴があります。

 

尚、一人も相続人が居ない場合は、家庭裁判所がその遺産を預かると言います。

 

 

 

 

遺産相続と言うのは推定相続人又は法定相続人がいて成立する物ですが、中には身内も知り合いもいなくて相続する人はいないが財産が有ると言う人もいます。

 
その様な相続人がいない人は本人の意思としては養護や児童等の特別施設や団体に寄付をすると言う意思表示も有れば、財産を残さないように使い切る人もいます。あと最近では定年後に家を購入して、支払いは本人が死亡した後に下りる死亡保険金や残った財産を充てる方法で老後を楽しんでいる高齢者も少しずつですが増えて来ました。

 
しかしどうしても財産が残ってしまう人は、前述の通りの各種施設や団体に寄付をする遺言状を遺すか遺言状が無い場合は管財人が遠戚等本人に関わる人がいるかどうか調査して、もしいれば相続する意思が有るかどうか確認します。

 
もし該当者が見つからない場合は、裁判所の承認を得てその遺産は国庫に入ります。相続させる相手が全くいない人も少ないですが高齢者社会が進んでいくとその様な独居老人も増えて来ると思われますので、現在は遺言状を作成しないで済む様に財産を使い切る様な人生設計を立てる人も増えてきそうです。

 

そうすると段々遺言状を遺す人も減っていくのは間違い無いでしょう。