遺言を書く事が必要な場合にはどのような時があるのかについてお話します。それが自分が多く相続させたい相手、相続額を減らしたい相手がいる時です。もしそう思っているのならきちんと書く事が必要になってきます。
浮気親権
himawari480
もし、書かなければあなたの財産は法律に従ったものになります。大まかにいうとまず結婚相手に二分の1、残りの二分の1を子供たちで分けます。しかし、もし多めにあげたい人がいるのならこれではあなたの希望が誰にも届きませんし、実行される事もないです。だからこそきちんと書いて自分の方針を伝える事が必要なのです。これなら自分の要望が伝わり、自分が多めにあげたい人に財産が多くいきますのであなたも納得しますし、対象になった人もあなたの気持ちがよく伝わります。
必ずしも要望を伝えなければならないものではありませんが、法律通りに財産分与が行われるのではなくて自分の要望通り行いたいのであれば必要になってきます。
そして必要になるのは財産分与だけではないです。例えば自分の葬儀の仕方なり、家は売らないでほしいといった要望も伝える事ができます。このように自分自身のためにしてほしい時もきちんと書いておく事が必要になってきますし、そうすることで自分にとってもプラスになります。